スポンサードリンク
スポンサードリンク2
検索フォーム
gizmodo.jp
自分でよく買うもの
プロフィール

peacejack

管理:peacejack
インフォデザイン合同会社

コミュニケーションプランナーとして広報やSPの企画をしています。

にほんブログ村 デザインブログ 情報デザインへ





ビジネスブログ100選

blogram投票ボタン

tweet&facebook
SEO
おすすめ商品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

97

1月4日は石の日? 

前に浅草橋で「さざれ石」を見つけた!と書きましたが、霞ヶ関の文部科学省で「ホンモノ」を見つけました。

浅草橋のさざれ石の話はこちら。


これがホンモノのさざれ石です。(クリックで大きくなります。)

さざれ



ざらざらしていて、ああ、ほんとうに「さざれているなあ」と思いましたが、
調べてみると「さざれる」という動詞や形容詞はないみたいです。

「さざ」は、接頭語的に用い、「わずかな」「こまかい」「小さい」という意味だそうです。
「さざなみ」は、たしかに小さい波。
「さざえ」は、なんとなく形状が似ている?




写真の岩は「さざれ石」にしてはデカいなあと思い、説明をよく読んでみました。
(後ろに見えているのは多分、文科省のレストラン?)


さざれサイン


石灰石が雨水に溶解してその石灰分を含んだ水が時には粘着力の強い乳状体となり、
地下において小石を集結して次第に大きくなる。

実は、これは「さざれ石」ではなくて、さざれ石が「巌(いわお=岩穂=そびえ立った大きな岩)」
となったものなのですね。

まあ「巌」というには小さいですが。

たしかに「巌」に成長するまで「千代に八千代に」かかるわけですねえ。

千代に八千代にはどれぐらいの時間なのでしょうか?
ちなみに平均で27歳ぐらいで子どもが生まれるとすると
1000代では2万7000年?
8000代では21万6000年?

うちの社長は地学専攻だったので、あとで聞いてみよう。


このさざれ石は、「文部科学省の情報ひろば」にあります。
一般の人も入れますので、一度行かれてはいかがですか?
関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

スポンサードリンク3
Return to Pagetop
    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。