スポンサードリンク
スポンサードリンク2
検索フォーム
gizmodo.jp
自分でよく買うもの
プロフィール

peacejack

管理:peacejack
インフォデザイン合同会社

コミュニケーションプランナーとして広報やSPの企画をしています。

にほんブログ村 デザインブログ 情報デザインへ





ビジネスブログ100選

blogram投票ボタン

tweet&facebook
SEO
おすすめ商品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

93

会社を選ぶときは、加入健保を調べよう!

今週は、会社の健康診断週間で、社員は2~3人ずつ日替わりで、大久保にある健診センターに行ってます。
私も今日、行ってきました。

ITS.jpg


大久保とは思えない、立派なビルの「関東ITソフトウェア健保会館」。

ITS2.jpg

当社が加入しているのは、そう「関東ITソフトウェア健康保険組合」です。
IT健保とか呼ばれてます。
加入しているおかげで大企業に負けないほど社員への厚生サービスが実現できています。









関東IT健保加入のメリットは大きく3つ。




1.保険料が安い。
加入者の平均年齢が若く、扶養率が低いので、みんな病気にならない人が多く、
支出が少ないので保険料が安くすんでいます。
協会けんぽ (旧政府管掌健康保険)に比べ22%ほど安くすみます。

IT健保の試算表を参考に試算すると。。。。
被保険者20人、平均の標準報酬月額380,000円、賞与2ヶ月支給分760,000円の事業所を仮定した場合
年間の差額は1,915,200円!(経営者の皆さんにとってはこれは大きいですね)





2.法廷給付以外にもらえる付加給付金が多い

毎月、2万円を超える医療費を負担してもらえます。
出産育児付加金(家族出産育児付加金)1児につき90,000円
死亡時埋葬料付加金150,000円





3保養施設などが多い
直営2カ所・契約50以上の健診機関が全国にある。
直営のリゾート施設にある保養所の質が高い。(新しくてきれいでおいしい>抽選倍率が高い)
全国のバラエティ豊かな保養施設と契約し、1泊2,100円~5,250円で利用できる。
国内海外のパッケージ旅行に安く行ける。(北海道2日11,400円~3日12,950~、ソウル13,900円~
ワイキキ66,800円~、ラスベガス74,800円~
ディズニーランド・シーは2000円で行ける。(年1回、子ども1000円)
スポーツクラブ、フィットネスクラブなど法人会員として利用できる1回100円~
都内の会議室や飲食施設が安く利用できる。

などなど、きりがありません。







IT健保の経営状況も平均年齢が若く、扶養している家族も少ないため、とても安定しています。
国内の健康保険組合の9割以上が赤字だと言われてますが、この健保は毎年1200億円の収入があり、
おそらく、数百億円程度は積み立てているので、将来の安心感も充分です。







〈IT健保の資料から〉
当組合の概況: 被保険者数 31,000人 被扶養者数 170,505人 扶養率 0.57、平均年齢 33.94歳、
平均標準報酬月額 394,000円 (平成21年6月末現在)





こうした優良健保ですが、加入するにはそれなりの条件が必要です。





〈IT健保の資料から〉
加入基準
1、 主要業務が下記の(1)~(4)は、登記上の目的欄に同様の記載があること。又は(5)の事業所に該当すること
(1) パッケージソフトウェアの利用技術・研究開発及び流通
(2) ソフトウェアプロダクト及び関連ソフトウェアの研究開発及び流通
(3) コンピュータ及び周辺機器の販売(レンタル・リースを含む)保守サービス
(4) コンピュータの利用による情報の提供
(5) 組合の設立事務所との間で、財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和38年大蔵省令第59号)第8条第3項(「親会社」、「子会社」)又は第5項(「関連会社」)に 規定されている会社と同様な関係にある事業所。
2、 社会保険加入期間が6ヶ月以上あり、現在東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、 長野県及び山梨県の全国健康保険協会(協会けんぽ)に加入していること
3、 被保険者数が10名以上であること。但し、東京都内の事業所は5名以上とする
4、 著しい低報酬月額の被保険者がいないこと
5、 被保険者の平均年齢が40歳未満であること
6、 扶養率については、当組合の平均を著しく上回らないこと
7、 過去1年間公租公課に滞納(納入遅延)がないこと
(1)公租とは、「法人税、消費税、所得税、事業所税」の国税・地方税をいいます。
(2)公課とは、「健康保険、厚生年金保険、雇用保険」の保険料をいいます。
8、 組合運営に支障を及ぼす恐れがないこと
9、 健康保険組合加入後、保険料納付は当組合指定銀行(みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・中央三井信託銀行)の本支店で口座振替納入が可能であること

概況数値との比較の後、加入基準を満たしているようでしたら申出書及び添付書類をご郵送ください。
総合的判断のうえ、審査させていただき、申込後約6ヶ月で関東信越厚生局の認可が下れば加入(組合編入)可能となります。






うーん、審査きびしそうですね。




でも・・・・
これから小さな会社を大きくしていきたいと思っているIT系の経営者の方は、この基準を
満たすことを目標にがんばてみてはいかがですか?




ちなみに私は、10年以上前に勤めていた会社が、この健保の前身である「東京都小型コンピュータ保険組合」
に加入していて、10年以上ブランクがあったにも関わらず、健康診断後に当時のデータと比較する診断表が出てきて、
10年前と今の自分の体を比較できました。
データの引き継ぎが完璧なんですね。(前いた会社はもうありませんが・・・)
ある意味、健保は会社よりも付き合いが長くなるのかも。






そうそう、健康診断にはランチがついてます。
前の日から飲食を制限されていたこともあって、地下のレストランで、食べるランチは
とてもおいしく感じました。

ITS4.jpg

関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

スポンサードリンク3
Return to Pagetop
    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。