スポンサードリンク
スポンサードリンク2
検索フォーム
gizmodo.jp
自分でよく買うもの
プロフィール

peacejack

管理:peacejack
インフォデザイン合同会社

コミュニケーションプランナーとして広報やSPの企画をしています。

にほんブログ村 デザインブログ 情報デザインへ





ビジネスブログ100選

blogram投票ボタン

tweet&facebook
SEO
おすすめ商品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
242

年度末予算の使い方

年度末になると、予算の消化のための仕事が結構ある。

その年度の広告費などが余っている状態で、企業の担当者としては、使い切らないと来年度の予算が減るので、必死に使い切りに走る。

儲かっている企業ほどこの傾向があるので、こうした企業は、実は優良企業だとも言える。
また、担当者の地道な努力によって、あるいは細かな金額調整をして年度末に予算を残すことができたとも言える。

このような場合、予算ありきで仕事が発生するので、まさにゼロから企画を出せるチャンスだ。

ここで、自己に都合の良い利益だけを追求したようなその場限りの商品を売りつけることは決してしないこと。

せっかくのチャンスなので、広告やイベントでも良いが、
他部署にも波及効果のあるグッズやノベルティやデモ機などを企画しよう。

優良企業には優良部署があり優良グループがあり、今までお付き合いのなかった優良な社員もたくさんいるので、
その人たちに「欲しい!」と思わせるような企画提案をしよう。

さらに年度末あるいは決算期ならではの提案もあるはず。クライアントにとって本当の意味で販売促進効果のある
企画が求められるのが年度末の予算のうまい使い方だ。

ユーザーにとって、クライアントにとって、自社にとってメリットのある企画を考えよう。


関連記事
  • Date : 2015-04-03 (Fri)
  • Category : ご提案
スポンサードリンク3
Return to Pagetop
    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。