スポンサードリンク
スポンサードリンク2
検索フォーム
gizmodo.jp
自分でよく買うもの
プロフィール

peacejack

管理:peacejack
インフォデザイン合同会社

コミュニケーションプランナーとして広報やSPの企画をしています。

にほんブログ村 デザインブログ 情報デザインへ





ビジネスブログ100選

blogram投票ボタン

tweet&facebook
SEO
おすすめ商品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
232

四日市の昔と今

最近のPM2.5の映像を見ると小学生の頃を思いだす。

昭和42年から44年、昭和48年52年まで四日市に住んでいた。


yokkaichi

ダークなイメージの四日市であるが、自分が住んでいたのが山の方だったこともあり、
テレビでよく見るマスクをつけて登校なんてコトはなかった。

ただ、学校では、空襲警報のような「光化学スモッグ警報」が発令され、全員で学校中の窓を閉めていた。
外に出ることが禁止されてはいなかったので、遊び盛りの自分は休み時間中、ダラダラ涙を流しながら
サッカーをしていた。四日市はサッカーの名門であり、スポーツと言えばサッカーなのだ。

おそらく、PM2.5、SOX、NOXの類いも他の地域に比べれば、多かったろうし、
友達にはぜんそくの子が何人かいた、

しかし、現在の四日市は、大気汚染が問題になった都市とは思えないほど、空気が澄んだ街になっている。
環境庁の新設など、当時の大人たちが子供の世代に禍根を残さないよう、しっかり対応したのだろうと思う。

子供の時のこの経験は、その後の環境問題に対する指針にもなったし、大気汚染という公害の中でも
とりわけ影響の大きい問題は、その根絶に多大な知恵と労力が必要だと感じている。

北京の、あるいはその他の地域の大気汚染根絶に、当時の四日市の知恵と努力を生かしてもらいたい。
国家レベルでも動かない、こんなときこそ環境NPOの出番であるし、大きなビジネスチャンスでもある。
yokkaichi.jpg


関連記事
スポンサードリンク3
Return to Pagetop
    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。