スポンサードリンク
スポンサードリンク2
検索フォーム
gizmodo.jp
自分でよく買うもの
プロフィール

peacejack

管理:peacejack
インフォデザイン合同会社

コミュニケーションプランナーとして広報やSPの企画をしています。

にほんブログ村 デザインブログ 情報デザインへ





ビジネスブログ100選

blogram投票ボタン

tweet&facebook
SEO
おすすめ商品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

141

絵本作家の登竜門といえば、、、

板橋区立美術館で「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展2010」を見てきました。
ボローニャ


通称「いたび」は、小さな美術館ではありますが、
数ある美術館の中でも、トップクラスのおもしろい企画をやっています。
館長さんが学芸員だからか?区の理解があるのか?
地域に根ざした子供でもオトナでも楽しめるようにという気持ちが伝わってきます。

マスメディアで宣伝して、ものすごい行列ができて、肝心の作品が楽しめない
どこかの美術館とは全然違います。

ところで、、、この絵本原画展は、
「板橋区」が「ボローニャ」と姉妹都市であることが関係するのか?毎年やっているんですね。


入選者はこちら
入選作は日本人も多いですね。


イタリアでの展示の後、板橋区立美術館からスタートの国内巡回展が行なわれています。


 *ボローニャブックフェア(イタリア・ボローニャ)3/23~26
 *板橋区立美術館(東京)7/10~8/15
 *西宮市大谷記念美術館(兵庫)8/21~9/26
 *四日市市立博物館(三重)10/2~10/31
 *七尾美術館(石川)11/5~12/5
 *長島美術館(鹿児島)12/11~2011.1/10

板橋を見逃した方、地方の方も、まだまだ見るチャンスはありますので、どうぞ。
関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

スポンサードリンク3
Return to Pagetop
    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。